最新更新日2021/4/4

北村晃寿(Akihisa Kitamura)

のページ English

 

地球科学I授業案内

地球科学IPDF資料

 

 

研究の内容

 

研究業績

 

<ニュース>

 

「化石記録から探る温暖化に対する沿岸生態系の応答」

サイエンスカフェ in 静岡を配信

 

「過去5000年間の南海・駿河トラフ巨大地震による駿河湾の津波と海底地すべり」

サイエンスカフェ in 静岡を配信

 

国際誌Quaternary Science Reviewsに掲載された「過去5000年間の南海・駿河トラフ巨大地震による駿河湾の津波と海底地すべり」

プレスリリース資料

追加資料

 

2020年度日本第四紀学会学術賞を受賞しました.

 受賞件名:「貝化石・有孔虫化石の複合群集解析による日本本島の島嶼化過程および東海地震の履歴の研究」

 

イギリスの雑誌Impactに研究内容が紹介されました⇒Imapact

 

ふじのくに地球環境史ミュージアムで開催されていた

2019年度企画展『大絶滅』解説動画公開しました.

古生代Part 1

古生代Part 2

古生代Part 3

中生代Part 1

中生代Part 2

 

 

東北大学の藤本心太博士が,沖縄の海底洞窟から発見したクマムシの新種(Cyaegharctus kitamurai gen. et sp. nov. )に,私の名前を献名いただきました.ありがとうございます.

 Fujimoto & Jimi (2020) A new marine tardigrade genus and species (Arthrotardigrada, Styraconyxidae) with unique pockets on the legs. Zoosyst. Evol. 96 (1), 115–122 | DOI 10.3897/zse.96.49676

 

「静岡の大規模自然災害の科学」を出版しました.

 

 

<過去のニュース>

 

サイエンス in 静岡 における「レベル1.5津波」の動画です.⇒こちら

 

2019820日 清水平野の沿岸低地堆積物の調査で発見した西暦400年の地震性隆起の地質学的証拠が国際誌に掲載されました.⇒こちら ⇒プレスリリース

 

201973日 神奈川県江奈湾の現世堆積物の堆積学的・地球科学的・古生物学的研究が国際誌に掲載されました.⇒こちら

 

2019625日 静大TVにサイエンスカフェ in 静岡 第118話「レベル1.5」がアップされました.⇒こちら

 

201921日 20192月号のIsotope NewsTRACERに「津波の発生した季節を貝殻から解明」が掲載されました.⇒こちら

 

2018822日 国際誌「Marine Geology」に共著論文「The discovery of emerged boring bivalves at Cape Omaezaki, Shizuoka, Japan: evidence for the AD 1361 Tokai earthquake along the Nankai Trough」が掲載.⇒こちら

科学新聞に掲載されました⇒こちら

 

2018815日 国際誌「Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)」に共著論文「Using molluscan assemblages from paleotsunami deposits to evaluate the influence of topography on the magnitude of late Holocene mega-tsunamis on Ishigaki Island, Japan」が掲載.⇒こちら

 

201882日 「伊豆半島南東部静岡県河津町の海岸低地における津波堆積物調査」が静岡大学地球科学研究報告に掲載されました.⇒こちら

 

2018522日 御前崎で発見した隆起貝層が静岡新聞に掲載されました.⇒こちら

 

2018515日 国際誌Marine Geology」に掲載された論文「津波の発生した季節を貝殻から解明」をプレスリリースしました⇒ここ

 

2018428国際誌「Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)」に掲載された共著論文「The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach」が「The Most Cited Paper Awards 2018」を受賞!

同雑誌は日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する「査読付きフルオープンアクセス電子ジャーナル」です.

 

2017124日 「先島諸では,1771年八重山津波と同規模の津波が,過去 2千年間に約 千年間に約600 年の間隔で4回起きていた」をプレスリリースしました.

 

20171120静岡大学・大学会館に展示した「なぞの多い明応東海地震」のPDF

 

2017113静岡新聞朝刊29p 南海トラフ級 津波跡なし 河津2地点で調査

 

2017112 「静岡県河津町における津波堆積物の調査結果の報告」をプレスリリースしました.資料

 

20171019 Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)に「Late Holocene uplift of the Izu Islands on the northern Zenisu Ridge off Central Japan(銭洲海嶺北部の伊豆諸島における後期完新世の隆起)が掲載されました.PEPS

 

1498年の明応地震の震源・波源域にも関わる研究内容です.日本語解説

 

2017524 Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)2017年の「Most Accessed Paper Awards 」の賞状を共著者の東北大学井龍康文教授と受け取りました.

PEPS download award

 

2017418 Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)に掲載された共著論文「The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach」が2017(期間:201511日〜20161231) の「Most Accessed Paper Awards」を受賞!

PEPSは日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する「査読付きフルオープンアクセス電子ジャーナル」です.

 

同雑誌には,静岡県の過去4000年間の地層・地質記録にはレベル2の津波の発生の証拠がないことを明らかにした論文も掲載されています

 

 

 

2016117日 1回防災推進国民大会ワークショップ「東京圏の大地震にどう備えるか」で講演した「津波堆積物からの知見」が,「学術の動向11月号」に掲載

 

 

201652日 焼津市からの受託研究「焼津市における津波堆積物調査」の報告資料

 

2016422日 国際誌”Progress in Earth and Planetary Science”に掲載された論文静岡県の過去4000年間の地層・地質記録にはレベル2の津波の発生の証拠がないことを明らかにした

 

ここをクリックすると論文を読めます.

ここをクリックすると日本語要旨を読めます.

ここをクリックすると静岡大学からのプレスリリースを読めます.

 

(理) 北村晃寿 先生 01

 

「静岡県における過去数千年間の津波と地震」に関する内容をYou Tubeから見ることができます.

 

静岡県中東部の津波堆積物・古地震調査に関する資料

 

 

学生の進路

 

海底洞窟に関わる研究成果の総説

 

授業のお知らせ

 

参考資料

 

研究室

 

私の居場所の地図

 

連絡先はこちら

 

私の弟の出版したサイエンス関連本