最新更新日2017/11/20

北村晃寿(Akihisa Kitamura)

のページ

 

<最新ニュース>

20171120静岡大学・大学会館に展示した「なぞの多い明応東海地震」のPDF

 

2017113日 テレビ静岡の報道「河津町沿岸 津波の痕跡確認されず

 

2017113静岡新聞朝刊29p 南海トラフ級 津波跡なし 河津2地点で調査

 

2017112静岡第一テレビの報道「河津町の複合施設予定地 1000年間津波堆積物なし

 

2017112 「静岡県河津町における津波堆積物の調査結果の報告」をプレスリリースしました.資料

 

 

20171019 Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)に「Late Holocene uplift of the Izu Islands on the northern Zenisu Ridge off Central Japan(銭洲海嶺北部の伊豆諸島における後期完新世の隆起)が掲載されました.PEPS

1498年の明応地震の震源・波源域にも関わる研究内容です.日本語解説

 

過去のニュース

 

2017524 Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)2017年の「Most Accessed Paper Awards 」の賞状を共著者の東北大学井龍康文教授と受け取りました.

PEPS download award

 

2017418 Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)に掲載された共著論文「The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach」が2017(期間:201511日〜20161231) の「Most Accessed Paper Awards」を受賞!

PEPSは日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する「査読付きフルオープンアクセス電子ジャーナル」です.

 

同雑誌には,静岡県の過去4000年間の地層・地質記録にはレベル2の津波の発生の証拠がないことを明らかにした論文も掲載されています

 

 

20161116日 静岡大学・大学会館ロビーに展示した「駿河トラフ・南海トラフの歴史地震の研究史

 

2016117日 1回防災推進国民大会ワークショップ「東京圏の大地震にどう備えるか」で講演した「津波堆積物からの知見」が,「学術の動向11月号」に掲載

 

 

201652日 焼津市からの受託研究「焼津市における津波堆積物調査」の報告資料

 

2016422日 国際誌”Progress in Earth and Planetary Science”に掲載された論文静岡県の過去4000年間の地層・地質記録にはレベル2の津波の発生の証拠がないことを明らかにした

 

ここをクリックすると論文を読めます.

ここをクリックすると日本語要旨を読めます.

ここをクリックすると静岡大学からのプレスリリースを読めます.

 

(理) 北村晃寿 先生 01

 

「静岡県における過去数千年間の津波と地震」に関する内容をYou Tubeから見ることができます.

 

静岡県中東部の津波堆積物・古地震調査に関する資料

 

研究の内容

 

研究業績

 

学生の進路

 

海底洞窟に関わる研究成果の総説

 

授業のお知らせ

 

参考資料

 

研究室

 

私の居場所の地図

 

連絡先はこちら