履   歴

氏名 (きた)  (むら)  (あき)  寿(ひさ)          

生年 昭和37

学   歴

昭和56.3 長野県立長野高等学校卒業

昭和56.4 金沢大学理学部地学科入学

昭和60.3 金沢大学理学部地学科卒業

昭和62.3 金沢大学大学院理学研究科地学専攻修了

平成2.3 金沢大学大学院自然科学研究科物質科学専攻修了

平成2.3 学術博士号(金沢大学,学博甲第16)取得

 

職   歴

平成2.4 金沢大学大学院自然科学研究科物質科学専攻にて研究生(〜平成3.3)

平成3.4 京都大学理学部地質学鉱物学教室にて日本学術振興会特別研究員(〜平成5.3)

平成5.4 京都大学理学部地質学鉱物学教室にて研修員(〜平成5.9)

平成5.10 静岡大学理学部地球科学科助手

平成8.4 地球科学科から生物地球環境科学科へ学科改組.同学科助手

平成13.4 助教授昇格

平成19.4 准教授に名称変更

平成25.4 教授昇格 大学院理学研究科に所属変更.

 

受賞歴

研究奨励賞(日本地質学会,1995) 対象論文;北村晃寿,1992, 貝化石による古環境解析の時間的分解(前期更新世大桑層中部の場合).地質学雑誌,98 1031-1039.

日本第四紀学会論文賞(日本第四紀学会)平成17827日,<論文題目>北村晃寿・木元克典「3.9 Ma から1.0 Ma の日本海の南方海峡の変遷史」第436 号,419-434 ページ,2004 年.

日本古生物学会学術賞 平成18623日 新生代後期の気候変動に対する貝類群集の応答

日本古生物学会論文賞 平成27129Kitamura, A., Kobayashi, K., Tamaki, C., Yamamoto, N., Irino, T., Miyairi, Y. and Yokoyama, Y. 2013. Evidence of recent warming in the Okinawa region, subtropical northwestern Pacific, from an oxygen isotope record of a cave-dewelling marine micro-bivalve. Paleontological Research 17, 5868.

Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)」のMost Accessed Paper Awards 2017418 Gallagher S., Kitamura, A., Iryu Y., Itaki, T., Koizumi, I., Hoiles, P., 2015.The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach

 

所 属 学 会

日本古生物学会(評議員・常務委員・会員)日本第四紀学会(評議員・会計監査)日本地球惑星科学連合(地球生命科学セクション・代議員)地球環境史学会(評議員),日本地質学会,日本貝類学会,日本堆積学会,日本ベントス学会,The Geological Society of America

 

研究業績リスト

 

査読付き原著論文(欧文誌) 

52. Kitamura, A., Imai, T., Miyairi, Y., Yokoyama, Y. and Iryu, Y. in press. Radiocarbon dating of coastal boulders from Kouzushima and Miyakejima Islands off Tokyo Metropolitan Area, Japan: implications for coastal hazard risk. Quaternary International.

 

51. Ota, Y., Kawahata, H., Murayama, M., Inoue, M., Yokoyama, Y., Miyairi, Y., Aung, T., Hossain, H. M. Z., Suzuki, A., Kitamura, A., Moe, K. T. in press. Effects of intensification of Indian Summer Monsoon during the past 700 years on sediments deposited in the northern Andaman Sea. Journal of Quaternary Science.

 

50. Chiu Wing-tung R., Yasuhara, M., Iwatani, H., Kitamura, A., Fujita, K., 2017. Response of subtropical submarine-cave ecosystem to Holocene cave development and Asian monsoon variability. Paleobiology. page 1 of 10 DOI: 10.1017/pab.2016.53

 

49. Kitamura, A. 2016. Examination of the largest-possible tsunamis (Level 2 tsunami) generated along the Nankai and Suruga troughs during the past 4000 years based on studies of tsunami deposits from the 2011 Tohoku-oki tsunami. Progress in Earth and Planetary Science. 3:12 DOI: 10.1186/s40645-016-0092-7日本語要旨

 

48. Kitamura, A., Mitsui, Y., Kawate, S., Kim, H. Y., 2015. Examination of an active submarine fault off the southeast Izu Peninsular, central Japan, using field evidence for co-seismic uplift and a characteristic earthquake model. Earth, Planets and Space. 67:197 DOI 10.1186/s40623-015-0367-z

 

47. Chiu Wing-tung R., Yasuhara, M., Iwatani, H., Kitamura, A., Fujita, K., 2015. An enigmatic Holocene podocopid ostracod from a submarine cave, Okinawa, Japan: "living fossil" or adaptive morphotype? Journal of Systematic Palaeontology. DOI:10.1080/14772019.2015.1094754

 

46. Gallagher S., Kitamura, A., Iryu Y., Itaki, T., Koizumi, I., Hoiles, P., 2015. The Pliocene to Recent History of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach. Progress in Earth and Planetary Science. Open Access 和文表題「鮮新世から現世までの黒潮と対馬海流の歴史:マルチプロキシーアプローチ」日本語要旨 2017Most Accessed Paper Awards

 

45. Kitamura, A., Ohashi, Y., Ishibashi, H., Miyairi, Y., Yokoyama, Y., Ikuta, R., Ito, Y., Ikeda, M., Shimano, T., 2015. Holocene geohazard events on the southern Izu Peninsula, central Japan. Quaternary International, 397, 541-554 Open Access http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1040618215004231

 

44. Hyodo, M., Kato, S., Kitamura, A., Takasaki, K., Matsushita, H., Kitaba, I., Tanaka, I., Nara, M., Matsuzaki, T., Dettman D. L. and Okada, M., 2015. High resolution stratigraphy across the early-middle Pleistocene boundary from a core of the Kokumoto Formation at Tabuchi, Chiba Prefecture, southeast Japan. Quaternary International, 397, 16-26.

 

43. Ishiwa, T., Yokoyama, Y., Miyairi, Yosuke, Obrochta S., Sasaki, T., Kitamura, A., Suzuki, A., Ikehara, M., Ikehara, K., Kimoto, K., Bourgeth, J. and Matsuzaki, H., 2015. Reappraisal of sea-level lowstand during the Last Glacial Maximum observed in Bonaparte Gulf sediments. Quaternary International, 397, 373-379.

 

42. Kitamura, A., 2015. Constraints on eustatic sea-level changes during the Mid-Pleistocene Climate Transition: evidence from the Japanese shallow-marine sediment record. Quaternary International, 397, 417-421.

 

41. Kitamura, A., Tamaki, C., Miyairi, Y., Yokoyama, Y. and Mori, H., 2014. Possible cavern-forming activity at millennial time scales and its impact on variations in submarine cave environments and habitat availability, Okinawa, Japan. Journal of Cave and Karst Studies. 76, 164-172.

 

40. Kitamura, A. and Kobayashi, K., 2014. Geologic evidence for prehistoric tsunamis and coseismic uplift during the AD 1854 Ansei-Tokai earthquake in Holocene sediments on the Shimizu Plain, central Japan. The Holocene, 24, 814827. DOI: 10.1177/0959683614530447

 

39. Kitamura, A., Koyama M., Itasaka K., Miyairi Y., and Mori, H., 2014. Abrupt Late Holocene uplifts of the southern Izu Peninsula, central Japan: Evidence from emerged marine sessile assemblages. Island Arc, 23, 5161. DOI: 10.1111/iar.12059

 

38. Kitamura, A., Fujiwara, O., Shinohara, K., Akaike, S., Masuda, T., Ogura, K., Urano, Y., Kobayashi, K., Tamaki, C. and Mori, H., 2013. Identifying possible tsunami deposits on the Shizuoka Plain, Japan and their correlation with earthquake activity over the past 4000 years. The Holocene, 23, 1682-1696. DOI: 10.1177/0959683613505345

 

37. Kitamura, A., Kobayashi, K., Tamaki, C., Yamamoto, N., Irino, T., Miyairi, Y. and Yokoyama, Y., 2013. Evidence of recent warming in the Okinawa region, subtropical northwestern Pacific, from an oxygen isotope record of a cave-dwelling marine micro-bivalve. Paleontological Research, 17, 58-68. 2014年度日本古生物学会論文賞を受賞

 

36. Hoiles, P. W., Gallagher, S. J., Kitamura, A., Southwood, J. M., 2012. The evolution of the Tsushima Current during the early Pleistocene in the Sea of Japan: An example from Marine Isotope Stage (MIS) 47. Global and Planetary Change. 9293, 162-178.

 

35. Kitamura, A., Ikehara, K., Katayama, H., Koshino, A., 2011. Changes in molluscan assemblages and sediment type in the outer shelf of the Japan Sea since 13,000 years BP. Paleontological Research, 15, 37-42.

 

34. Omori, A., Kitamura, A., Fujita, K., Honda, K. and Yamamoto, N., 2010. Reconstruction of light conditions within a submarine cave during the past 7,000 years based on the temporalvand spatial distribution of algal symbiont-bearing large benthic foraminifers.  Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 292, 443-452.

 

33. Kitamura, A., Tada, K., Sakai, S., Yamamoto, N., Ubukata, T., Miyaji, T. and Kase, T., 2011. Age and growth of Glossocardia obesa, a large bivalve in a submarine cave within a coral reef, as revealed by oxygen isotope analysis. The Veliger, 51, 59-65.

 

32. Yamamoto, N., Kitamura, A., Irino, T., Kase, T. and Ohashi, S., 2010. Climatic and hydrologic variability in the East China Sea during the last 7,000 years based on oxygen isotope records of the submarine cavernicolous micro-bivalve Carditella iejimensis. Global and Planetary Change, 72, 131-140.

 

31. Kitamura, A., 2009. Early Pleistocene evolution of the Japan Sea Intermediate Water. Journal of Quaternary Science. 24, 880-889.

 

30. Yamamoto, N., Sakai S. and Kitamura, A., 2009. Evaluation of the δ18O value of the submarine cavernicolous micro-bivalve Carditella iejimensis as a proxy for palaeotemperature. Paleontological Research, 13, 279-284.

 

29. Yamamoto, N., Kitamura, A., Ohmori, A., Morishima,Y. Toyofuku, T. and Ohashi, S., 2009. Long-term changes in sediment type and cavernicolous bivalve assemblages in Daidokutsu submarine cave, Okinawa Islands: evidence from a new core extending over the past 7,000 years. Coral Reefs. 28, 967976.

 

28. Ubukata, T., Kitamura, A., Hiramoto M., Kase, T., 2009. A 5,000-year fossil record of larval shell morphology of submarine cave microshells. Evolution, 63, 295-300.

 

27. Yamamoto, N., Kitamura, A., Irino, T., Kase, T. and Ohashi, S., 2008. Reconstruction of paleotemperatures in Northwest Pacific over the past 3,000 years from δ18O values of the micro-bivalvia Carditella iejimensis found in a submarine cave. Global and Planetary Change, 62, 97-106.

 

26. Kitamura, A., Hiramoto, M., Kase, T., Yamamoto, N., Amemiya, M. and Ohashi, S., 2007. Changes in cavernicolous bivalve assemblages and environments within a submarine cave in Okinawa Islands during the last 5,000 years. Paleontological Research, 11, 161-180.

 

25. Kitamura, A., Yamamoto, N., Kase, T., Ohashi, S., Hiramoto, M., Fukusawa, H., Watanabe, T., Irino, T., Kojitani, H., Shimamura, M. and Kawakami, I. 2007. Potential of submarine-cave sediments and oxygen isotope composition of cavernicolous micro-bivalve as a late Holocene paleoenvironmental record. Global and Planetary Change, 55, 301316.

 

24. Kitamura, A. and Kimoto, K., 2007. Eccentricity cycles shown by early Pleistocene planktonic foraminifers of the Omma Formation, Sea of Japan. Global and Planetary Change, 55, 273283.

 

23. Tanabe, S., Saito, Y., Vu, Q. L., Hanebuth, T. J. J., Ngo, Q. L. and Kitamura, A., 2006. Holocene evolution of the Song Hong (Red River) delta system, northern Vietnam. Sedimentary Geology, 187, 29-61.

 

22. Kitamura, A. and Kimoto, K., 2006. History of the inflow of the warm Tsushima Current into the Sea of Japan between 3.5 and 0.8 Ma. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 236, 355-366.

 

21. Kitamura, A. and Kawagoe, T., 2006, Eustatic sea-level change at the mid-Pleistocene climate transition: New evidence from the Japan shallow-marine sediment record. Quaternary Science Review, 25, 323-335.

 

20. Yum, J-G., Yu, K-M., Takemura, K.,Naruse T., Kitamura, A., Kitagawa, H., Kim, J-C., 2004. Holocene Evolution of the Outer Lake of Hwajinpo Lagoon on the Eastern Coast of Korea; Environmental Changes with Holocene Sea-Level Fluctuation of the East Sea (Sea of Japan). Radiocarbon, 46, 797-808.

 

19. Wang, Z., Saito, Y., Hori, K., Kitamura, A. and Chen, Z., 2005, Yangtze offshore, China: highly laminated sediments from the transition zone between subaqueous delta and the continental shelf. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 62, 161-168.

 

18. Hori, K., Tanabe, S., Saito, Y., Haruyama, S., Nguyen, V. and Kitamura, A., 2004, Delta initiation and Holocene sea-level change: example from the Song Hong (Red River) delta, Vietnam. Sedimentary Geology, 164, 237-249.

 

17. Kitamura, A., 2004, Effects of seasonality, forced by orbital-insolation cycles, on offshore molluscan faunal change during rapid warming in the Sea of Japan. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 203, 169-178. 

 

16. Kitamura, A. and Ubukata, T., 2003, The sequence of local recolonization of warm-water marine molluscan species during a deglacial warming climate phase: a case study from the early Pleistocene of the Sea of Japan. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 199, 83-94.

 

15. Tanabe, S., Hori, K., Saito, Y., Haruyama, S., Vu. V., P. and Kitamura, A., 2003, Song Hong (Red River) delta evolution related to millennium-scale Holocene sea-level changes. Quaternary Science Reviews, 22, 2345-2361.

 

14. Chen, Z., Saito, Y., Hori, K., Zhao, Y. and Kitamura, A., 2003, Early Holocene mud-ridge formation in the Yangtze offshore, China: a tidal-controlled estuarine pattern and sea-level implications. Marine Geology, 198, 245-257.

 

13. Kitamura, A., Tominaga, E. and Sakai, H., 2002, Subaqueous sand blow deposits induced by the 1995 Hyogo-ken Nambu Earthquake, Japan. The Island Arc, 11, 1-9.

 

12. Saito, T., Iizuka, A., Kitamura, A., Ohta, H., 2001, Geological approach to the void ratio of aged clays based on Bjerrums hypoyhesis. Journal of the Southeast Asian Geotechnical Society, 32, 153-164.

 

11. Kitamura, A., Takano, O., Takada, H., and Omote, H., 2001, Late Pliocene-early Pleistocene paleoceanographic evolution of the Sea of Japan. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 172, 81-98.

 

10. Kitamura, A., Omote, H. and Oda, M., 2000. Molluscan response to early Pleistocene rapid warming in the Sea of Japan. Geology, 28, 723-726.

 

9. Kitamura, A., Matsui, H. and Oda, M., 2000. Constraints on the timing of systems tract development with respect to sixth-order (41 ka) sea-level changes: an example from the Pleistocene Omma Formation, Sea of Japan. Sedimentary Geology, 131, 67-76. 

 

8. Kitamura, A., Matsui, H. and Oda, M., 1999. Change in the thickness of the warm Tsushima Current at the initiation of its flow into the Sea of Japan. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 152, 305-318.

 

7. Kitamura, A., 1998, Glaucony and carbonate grains as indicators of the condensed section: Omma Formation, Japan. Sedimentary Geology, 122, 151-163.

 

6. Beu, A. and Kitamura, A., 1998. Exposed coasts vs sheltered bays: contrast between New Zealand and Japan in the molluscan record of temperature change in Plio-Pleistocene cyclothems. Sedimentary Geology, 122, 129-149.

 

5. Kondo, Y., Abbott, S. T., Kitamura, A., Naish, T., Kamp, P. J. J., Kamataki, T. and Saul, G. S., 1998. The relationship between shellbed type and sequence architecture: Examples from Japan and New Zealand. Sedimentary Geology, 122, 109-127.

 

4. Kitamura, A., Kimoto, K. and Takayama, T., 1997, Reconstruction of the thickness of the Tsushima Current in the Sea of Japan during the Quaternary from molluscan fossils. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 135, 51-70.

 

3. Kitamura, A., Kondo, Y., Sakai, H., and Horii, M., 1994, Cyclic changes in lithofacies and content in the early Pleistocene Omma Formation, Central Japan related to the 41,000-year orbital obliquity. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 112, 345-361.

 

2. Cronin, T. M., Kitamura, A., Ikeya, N., Watanabe, M. and Kamiya, T., 1994, Late Pliocene climate change 3.4-2.3 Ma: Paleoceanographic record from the Yabuta Formation, Sea of Japan. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 108, 437-455.

 

1. Kitamura, A., 1991, Paleoenvironmental transition at 1.2Ma in the Omma Formation, Central Japan. Transactions and Proceedings of the Palaeontological Society of Japan, 162, 767-780. 

 

査読付き原著論文 (国内誌)

28. 北村晃寿・三井雄太・滝川陽紀, 2016, 静岡県焼津平野の完新統の解析に基づく安政型地震の平均発生間隔の推定.地質学雑誌, 122, 523-531

 

27. 佐々木猛智・北村晃寿, 2016, 日本海山口県沖から採集されたフカカガミガイ.ちりぼたん 45/4 284-291

 

26. 藤原 治・北村晃寿・佐藤善輝・青島 晃・小野映介・小林小夏・小倉一輝・谷川晃一朗,2015.静岡県西部の太田川低地で見られる弥生時代中・後期の相対的海水準上昇.第四紀研究, 54, 11-20

 

25. 北村晃寿・大橋陽子・宮入陽介・横山祐典・山口寿之, 2014. 静岡県下田市海岸から発見された津波石.第四紀研究, 53, 259-264.

 

24. 北村晃寿・小林小夏, 2014.静岡平野・伊豆半島南部の中・後期完新世の古津波と古地震の地質学的記録.地学雑誌.123, 813-834.

 

23.  Kitamura, A., Yamamoto, N. and Kobayashi K. 2012. Growth of a submarine cave-dwelling micro-bivalve Carditella iejimensis. Venus, 70, 41-45.

 

22. Kitamura, A., Tominaga, E., Oda, M. and Takemoto, A. 2008. Reconstruction of sea-surface temperatures in Suruga Bay (central Japan) during oxygen isotope 6.5, using planktonic foraminiferal transfer functions. The Quaternary Research, 47, 187-195.

 

21. 北村晃寿2007. 後期鮮新世から前期更新世の間氷期における対馬海流の動態とその要因―特に下部更新統における浮遊性有孔虫Globoconella inflataの産出の古環境学的意義の再検討.化石, 82, 52-59.

 

20. 渡辺勝敏・高橋 洋・北村晃寿・横山良太・北川忠生・武島弘彦・佐藤 俊平・山本祥一郎・竹花佑介・向井貴彦・大原健一・井口恵一朗. 2006.日本産淡水魚類の分布域形成史:系統地理的アプローチとその展望.魚類学雑誌,53(1), 1-38

 

19. 北村晃寿・加瀬友喜・海野 進・山本なぎさ・大橋秀一・平本真弓・若山奈々美・雨宮真理子. 2006 沖縄県伊江島の海底洞窟堆積物から見つかった軽石散在層.第四紀研究, 45, 141-144.

 

18. Kitamura A., Omura, A., Tominaga, E., Kameo, K. and Nara, M. 2005. U-Series Ages for Solitary Coral Species from the Middle Pleistocene Kunosan Formation in the Udo Hills, Shizuoka, Central Japan. The Quaternary Research, 44, 177-182.

 

17北村晃寿・木元克典,20043.9Maから1.0Maの日本海南方海峡の変遷史. 第四紀研究,43417-434. 日本第四紀学会論文賞受賞

 

16. 北村晃寿2004. 第四紀の気候変動と種多様性: 氷期―間氷期サイクルに対する海生生物の応答.化石, 75, 54-59.

 

15. 北村晃寿・坂口佳孝, 2004函館湾から見つかった小球状ガラス粒子を含むストーム堆積物.第四紀研究,4363-68.

 

14. 北村晃寿・加瀬友喜・大橋秀一・平本真弓・坂口佳孝・田辺晶史・間藤基之,2003,沖縄のサンゴ礁にある海底洞窟堆積物の堆積相と堆積速度.第四紀研究,42, 99-104.

 

13. 北村晃寿, 2002. 日本海における過去の温暖化に対する貝類の応答様式. 日本ベントス学会誌,57119-130.

 

12. 北村晃寿・池原 研・片山 肇, 2001. 二枚貝Nitidotellina hokkaidoensis (Habe) (サクラガイ)の緯度分布と温度耐性. 化石, 70, 18-22.

 

11. 北村晃寿・高野 修・表 寛子, 2001.日本海第四系の高分解能シーケンス生層序学.石油技協誌, 66, 265-277.

 

10. 北村晃寿・小川義厚,1998, ボーリング試料に基づく沖積層のシーケンス層序学的解析.地盤工学会誌, 46, 5-8.

 

9. 北村晃寿・東野外志男・中橋雅彦・小川義厚・吉田智洋・阿部和生,1998, 加賀平野で発見された白山起源の火山灰層.第四紀研究, 37, 131-138.

 

8. 北村晃寿1997, 模式露頭における下部更新統大桑層基底の不整合面と最下部の貝化石群集.地質学雑誌, 103, 763-769.

 

7. 北村晃寿1997, ミランコビッチ・サイクルに伴う環境変動に対する海生貝類の応答様式.化石, 63, 40-48.

 

6. 北村晃寿,1995, 下部更新統大桑層における二枚貝Dosinia属とAnadara属の層序的産出範囲.化石, 59, 14-22.

 

5. 大久保隆太・小田啓邦・高山俊昭・北村晃寿1995, 新潟県佐渡更新統沢根層の古地磁気極性と石灰質ナンノ化石層序.地質学雑誌, 101, 443-450.

 

4. 北村晃寿1994, 下部更新統大桑層上部に見られる氷河性海水準変動変動による堆積シーケンス.地質学雑誌, 100, 463-476.

 

3北村晃寿1992, 貝化石による古環境解析の時間的分解能(前期更新世大桑層中部の場合).地質学雑誌, 98, 1031-1039.

 

2北村晃寿1990,殻が開いた状態の二枚貝化石による古流向の推定-大桑層産Clinocardium fastosumの場合-.地質学雑誌, 96, 613-621.

 

1. 北村晃寿・近藤康生,1990, 前期更新世の氷河性海水準変動による堆積サイクルと貝化石群集の周期的変化 -模式地の大桑層中部の例-.地質学雑誌, 96, 19-36.

 

その他

30. 北村晃寿,2016, 津波堆積物からの知見.特集 防災学術連携体の設立と取組 東京圏の大地震にどう備えるか.学術の動向11月号,日本学術会議.

 

29. 北村晃寿・鈴木孝和・小林小夏,2015静岡県焼津平野における津波堆積物の調査.静岡大学地球科学研究報告, 42, 1-14

 

28. 北村晃寿・川手繁人,2015静岡県南伊豆・吉佐美の海岸低地における津波堆積物の有無の調査.静岡大学地球科学研究報告, 42, 15-23

 

27. 北村晃寿,2014, 日本海の後期新第三紀・前期第四紀の海洋生態層序,月刊地球,号外, 63, 59-66.

 

26. 北村晃寿・板坂孝司・小倉一輝・大橋陽子・斉藤亜妃・内田絢也・奈良正和, 2013.静岡県南伊豆の海岸低地における津波堆積物の調査(速報).静岡大学地球科学研究報告, 40, 1-12.

 

25. 北村晃寿,2012, 温暖化予測・巨大津波減災のための古環境研究.月刊海洋, 44,「地球生命科学の夢ロードマップ-古環境研究から未来環境を予測する-」,264-271.

 

24. 北村晃寿・藤原 治・小林小夏・赤池史帆・玉置周子・増田拓朗・浦野雪峰・小倉一輝・北村賀子・増田俊明(2011)静岡県静岡平野南東部における完新統のボーリングコアによる遡上した津波堆積物の調査(速報).静岡大学地球科学研究報告, 38, 3-19.

 

23. 北村晃寿・若山典央(2011),宮城県仙台平野大沼周辺における遡上した津波堆積物の調査.静岡大学地球科学研究報告, 38, 1-2.

 

22. 北村晃寿, 2009.古環境復元としてのホヤの骨片の内部構造の研究.月刊地球, 31, 621-624.「バイオミネラリゼーションと石灰化―遺伝子から地球環境まで―」

 

21.山本なぎさ・北村晃寿・入野智久,2009. 海底洞窟の地球科学的研究―海底洞窟生微小二枚貝Carditella iejimensisの酸素同位体比水温計の検討―.月刊地球, 31, 638-651.「バイオミネラリゼーションと石灰化―遺伝子から地球環境まで―」

 

20. 北村晃寿 ・山本なぎさ,2009沖縄県伊江島沖の海底洞窟“大洞窟”内の水温記録.静岡大学地球科学研究報告.36, 31-68.

 

19. 北村晃寿・海野 進・山本なぎさ,2009大洞窟軽石の主要成分化学組成.静岡大学地球科学研究報告.36, 27-30.

 

18. 山本なぎさ・北村晃寿2009中部更新統根古屋層最上部の層序学的研究.静岡大学地球科学研究報告.36, 1-8.

 

17. Kitamura A. 2007, Paleoceanographic Changes of Sea of Japan during 3.5-0.8Ma. Proceedings of the International Symposium The Origin and Evolution of Natural Diversity, 187-194.

 

16. 北村晃寿・森 英樹, 2003. 静岡大学地球科学教室にある堆積岩と海洋生物硬組織の教育用薄片.静岡大学地球科学研究報告,3059-60.

 

15. Kitamura, A., Kawakami, I., Okamoto, F., Ikehara, K., Noda, A. and Hajime Katayama, H., 2002, Distribution of mollusc shells in the Sea of Okhotsk, off Hokkaido. Bulletin of the Geoglogical Survey of Japan, 53, 483-558.

 

14. 北村晃寿・阿部和生,2001,日本列島沿いの日本海における二枚貝の分布リスト.静岡大学地球科学研究報告,2883-137.

 

13. 北村晃寿2001,地球温暖化に対するマクロフォーナの応答様式.月刊海洋,6450-455

 

12. 北村晃寿2000, 環境変動に対する生物の応答様式. 月刊地球, 22, 197-201. 

 

11. 北村晃寿・浅田恵里, 2000,有度丘陵と礫層の変形構造. 堆積学研究, 50. フォト.

 

10. 北村晃寿,岡本芙志真,足立憲治,池原 研,片山 肇,2000,  GH99 北海道日本海陸棚貝類の分布.池原 研・岡村行信編,「北海道西方海域の環境変動に関する総合的研究及び海域活断層の評価手法に関する研究」平成11年度研究概要報告書,地質調査所, 62-66.

 

9. 北村晃寿1999,  Ecostratigraphy ―「暖水系貝類の侵入イベント」vs「浮遊性生物の侵入イベント」―月刊地球号外「第四紀における高精度年代決定法とその応用」224-231

 

8. 北村晃寿・池原 研・片山 肇,1999, 北海道北部の日本海陸棚貝類の分布.池原 研・岡村行信編,「北海道西方海域の環境変動に関する総合的研究及び海域活断層の評価手法に関する研究」平成10年度研究概要報告書,地質調査所, 118-130.

 

7. Ikeya, N., Abe, K. and Kitamura, A., 1997. Bibliography of Palaeontology in Japan 1991-1995. Palaeontological Society of Japan, Special papers, No. 37. 207p.

 

6. 北村晃寿1995,日本海第四紀堆積物のシーケンス層序学的解析への生層序学の貢献―時間面としての暖流系種の消長― .地質学論集, 45, 110-117.

 

5. 北村晃寿1993, 大桑層に記録された第四紀の気候・海水準変動―浅海底コアの解析方法の開発. 月刊地球, 15, 289-291.

 

4. 北村晃寿,酒井英男,堀井雅恵,1993, 大桑層中部(1.3-0.9Ma)に見られる4.1万年周期の氷河性海水準変動による堆積サイクル.堆積学研究会報, 38, 67-72.

 

3. Kitamura, A., 1991, The stratigraphic distribution of the molluscan fossil species in cycles of the middle part of the Omma Formation, Central Honshu, Japan. The Science Reports of Kanazawa University, 36, No. 1, 31-47.

 

2. Takayama, T. and Kitamura, A., 1991, Geology of the Omma Formation. Guidebook for Field trip 1 "Neogene Evolution of the Japan Sea Side". Fifth International on Pacific Neogene Stratigraphy and IGCP-246, 71-83.

 

1. 下川弘晃・北村晃寿1991, 北陸上部新第三系地史解明のためのシーケンス層序学の適用.堆積学研究会報, 34, 33-40.

 

著 書

1. 北村晃寿()・夏目義一()暖かい地球と寒い地球32p. 福音館.1998131日発刊.

2. 堆積学辞典.朝倉書店.10の用語説明を担当.

3. 日本地方地質誌4 「中部地方」 2006年「大桑層」を分担.

4. 軟体動物(更新世).2009. デジタルブック最新第四紀学 日本第四紀学会電子出版編集委員会編.

5. 2章 日本列島の成立と古環境. 2010. 渡辺勝敏・高橋 洋編.淡水魚類地理の自然史,北海道大学出版会,13-28

6. 日本列島ジオサイト地質百選II2010.オーム社.「犀川沿い大桑層」「日本平」

7. 古生物学事典第2版.2010日本古生物学会編.朝倉書店.「第四紀」,「完新世」,「海水準変動」,「古環境」,「古水温」,「古気候」,「ミランコビッチサイクル」,「シーケンス層序学」など20の用語説明と付録図版を担当.編集幹事を担当.

8. 進化学事典.2012日本進化学会編.共立出版.「気候変動」を担当.

 

TV放映

平成2882日 SBSテレビ 1810分〜 焼津で海底地滑りの痕跡調査

平成2882日 静岡第一テレビ 1810分〜 焼津で海底地滑りの痕跡調査

平成2882 NHK 1815分 焼津で海底地滑りの痕跡調査

平成28611日 NHK 1845分ニュース大規模災害の研究成果発表

平成28517日 SBS静岡 「イブアイしずおか」地中の調査でわかった県内の津波平成2852日 県内4000年レベル2の津波形跡なし 静岡朝日TV

平成2852日 焼津沿岸浸食跡 18:45〜 海底地滑りか 静岡県のニュース NHK

平成2839日 静岡放送 静岡県のニュース 焼津市の調査

平成28223日 テレビ静岡 静岡県のニュース 焼津市の調査

平成2829日 静岡第一テレビ 静岡県のニュース 焼津市の調査

平成2828日 静岡朝日テレビ 静岡県のニュース 焼津市の調査

平成2828日 静岡放送 静岡県のニュース

平成2828日 NHK静岡県のニュース 焼津沿岸で地層追加調査始まる

平成2821 NHK静岡県のニュース 焼津市沿岸で地滑り跡見つかる

平成27423 NHK ニュース7 沖縄・先島諸島 大津波 過去に繰り返し発生か?

 

新聞記事

北村晃寿 平成2941静岡新聞 朝刊 p24 地震津波の研究 最新成果を報告 静岡でシンポ

北村晃寿 平成2939朝日新聞 朝刊 p3 てんでんこ 南海トラフ18 痕跡

北村晃寿 平成2939毎日新聞 朝刊 p27 焼津の海岸 新たな海底地滑り跡 静大堆積物調査 明応東海地震か

北村晃寿 平成2935静岡新聞 朝刊 p30 自然災害の研究成果発表 静岡で中部地区集会

北村晃寿 平成281118静岡新聞 夕刊 p1 「大震法」パネルで解説 静大防災総合センターが通年企画

北村晃寿 平成2883静岡新聞 朝刊 p24 津波堆積物の調査開始 焼津青峰公園 海底地滑り痕跡探る

北村晃寿 平成2883毎日新聞 朝刊 p27 津波堆積物を調査 焼津・小川港 海底地滑り痕跡探る

北村晃寿 平成28612静岡新聞 朝刊 p30 リスク評価し対策に順位を 巨大地震で研究報告

北村晃寿 平成28612日 中日新聞 朝刊 p10 小山静大教授ら災害対策を発表 駿河区でシンポ

北村晃寿 平成28512日 朝日新聞 朝刊 P29 焼津沿岸部の津波 海底地滑りと推定 静大教授,過去の被害調査

北村晃寿 平成28510日 中日新聞 朝刊P30 静大教授ら県沿岸部調査 最大クラスの津波過去4000年間なく

北村晃寿 平成2853 静岡新聞 朝刊P17 L1堆積物4層確認 L2は痕跡出ず 焼津・浜当目地区

北村晃寿 平成2853 毎日新聞 朝刊P25 県内沿岸部 レベル2津波痕跡なし 過去4000年間 静大が調査堆積物

北村晃寿 平成2853 読売新聞 朝刊P23 レベル2津波痕跡なし 過去4000年 北村・静大教授が研究報告

北村晃寿 平成28429 静岡新聞 朝刊P26南海トラフ級津波なし」県内沿岸部過去4000年間 静大・北村教授が調査

北村晃寿 平成28424朝日新聞 朝刊 P29 過去の津波被害規模明らかに

北村晃寿 平成2829 静岡新聞 朝刊P26 焼津浜当目 津波跡2層 レベル1地震 仁和,明応と推察 静岡大調査

北村晃寿 平成2825 毎日新聞 朝刊887年の仁和地震 焼津沖で海底地滑りか 津波規模増幅も 静大調査/静岡

北村晃寿 平成2822 中日新聞 朝刊P28 「海底地滑り 海岸後退? 887年仁和地震「レベル1でも影響」」

北村晃寿 平成28130 静岡新聞 朝刊 P29 「安政東海型地震 発生間隔推定「150230年焼津の堆積物解析」

北村晃寿 平成27103 静岡新聞 朝刊 P23 「巨大津波 犠牲者ゼロへ 焼津市防災講演会 昨年度の調査結果報告」

北村晃寿 平成27921 静岡新聞 朝刊 P21 「おちゃのこサイサイサイエンス」に「A津波の跡は高潮の跡とどう違うの?」が掲載.

北村晃寿 平成2791日 静岡新聞 朝刊 P27 浜当目の津波有無検証 官学連携で堆積物調査 焼津

北村晃寿 平成2762日静岡新聞 朝刊P 19面, 中日新聞 朝刊P 12 津波堆積物調査で講演「レベル2」相当未発見 焼津

北村晃寿 平成27522日 静岡新聞 朝刊 P29 下田沖に海底活断層か 隆起貝層から推定

北村晃寿 平成2742日 静岡新聞 朝刊 津波堆積物を本年度も調査 焼津市

北村晃寿 平成2736日 静岡新聞 朝刊 P33 静岡大の焼津市内調査 津波堆積物見つからず

北村晃寿・山田和芳 平成27112日 静岡新聞 朝刊 特集 P7 標本万歳 静岡県の自然環境史:Aオオウナギと地層 地殻変動 指し示す証し

北村晃寿 平成26914日 静岡新聞 朝刊 P30 津波堆積物を調査

北村晃寿 平成26914日 読売新聞 朝刊 P29 津波堆積物 焼津で調査

北村晃寿 平成2693日 静岡新聞 朝刊 P28 津波堆積物 焼津で初調査

北村晃寿 平成2689日 読売新聞 朝刊 P 26 静岡大・読売講座 詳報 (2) 静岡県における過去数千年間の地震・津波の履歴

北村晃寿 平成2683日 読売新聞朝刊 P29 静岡平野 津波襲来3

北村晃寿 平成2681日 朝日新聞 朝刊 P 24 安政東海地震の地盤は1.2メートル 清水区従来推定3メートル 地質・古文書調査で

北村晃寿 平成2679日 朝日新聞 朝刊 P 29 安政東海地震の地盤隆起 折戸(静岡)周辺は1.2メートル 従来推定の半分以下 静大調査で判明

北村晃寿 平成2651日 静岡新聞 朝刊 P25 石垣島大津波3回

安藤雅孝・北村晃寿 平成2651日 静岡新聞 朝刊 P25 石垣島大津波津3回 発生年代を特定

北村晃寿 平成26421日 八重山毎日新聞 朝刊 P6 津波の地割れの下にさらに津波石?

北村晃寿 平成26227日 静岡新聞 朝刊 P28 津波石 下田で発見 付着生物化石で特定

北村晃寿 平成251118日 読売新聞 朝刊 P33 海食洞で大地震の痕跡見学

北村晃寿 平成251118日 伊豆新聞 朝刊 P1 巨大津波の痕跡ない 講演,海食洞観察会も

北村晃寿 平成251118日 静岡新聞 朝刊 P19 地震の原理や痕跡紹介

北村晃寿 平成251024日 静岡新聞 朝刊 P26 「3500年前の津波堆積物」

北村晃寿 平成251023日 読売新聞 朝刊 P32 「4000年に3回大津波か 静岡平野」

北村晃寿 平成251023日 朝日新聞 朝刊 P29 「安政の大津波超え 過去襲来の可能性」

北村晃寿 平成25101日 伊豆新聞 朝刊 P1

北村晃寿 平成25924日 静岡新聞 朝刊 P26 「周期的地震 化石から探る 下田の地盤隆起調査」

北村晃寿 平成2573日 朝日新聞 朝刊 P29 「過去の清水平野 土地隆起を調査」

北村晃寿 平成2572日 静岡新聞 朝刊 P26 「明応地震の痕跡を調査 清水で掘削,有無確認」

北村晃寿 平成25531日 静岡新聞 夕刊 P6 「南海トラフ地震 遺跡からの報告 先史時代D」

北村晃寿 平成25517日 静岡新聞 朝刊 P29 「清水平野 5度の津波 5505600年前 堆積物で確認」

北村晃寿 平成2533日 朝日新聞 朝刊 P35 「過去の巨大津波記録」

北村晃寿 平成25219日 読売新聞 朝刊 P33 「数千年 下田に大津波なかった? 堆積物分析調査,南伊豆も」

北村晃寿 平成25214日 静岡新聞 朝刊 P31 「巨大津波の形跡「なし」南伊豆・下田の津波堆積物調査」

北村晃寿 平成241130日 静岡新聞 朝刊 P30 「津波堆積物 下田で調査 県と静大」

北村晃寿 平成241130日 読売新聞 朝刊 P32 「津波堆積物調査現場 下田で静大が公開」

北村晃寿 平成241023日 朝日新聞 朝刊 P29 「過去の津波の規模を探る」

北村晃寿 平成241014日 中日新聞 朝刊 P24 「過去の堆積物から津波の痕跡を調査 南伊豆町」

北村晃寿 平成241014日 読売新聞 朝刊 P34 「津波堆積物調査 県が掘削現場公開」

北村晃寿 平成241013日 静岡新聞 朝刊 P28 「15日まで4か所 南伊豆で掘削調査 津波堆積物」

北村晃寿 平成241013日 毎日新聞 朝刊 P21 「南伊豆で津波堆積物調査」

北村晃寿 平成24929日 静岡新聞 朝刊 P1 「大津波,堆積物を探れ,県,初調査 来月 南伊豆で」

北村晃寿 平成24529日 静岡新聞 朝刊 P28 「津波堆積層確認されず」

北村晃寿 平成24518日 静岡新聞 朝刊 P27 「清水平野に大津波痕跡」

北村晃寿 平成231122日 静岡新聞 朝刊P19 「震災の教訓学ぶ」 

北村晃寿 平成231122日 中日新聞 朝刊 P1 「県想定超える浸水域 静岡平野で41002700年前に大津波2回 静大准教授 堆積物で確認」

北村晃寿 平成231022日 静岡新聞 朝刊P6 「静岡大 防災・日本再生シンポジウム」

北村晃寿 平成231017日 静岡新聞 朝刊P24 「防災の人材育成急務」

北村晃寿 平成23101日 静岡新聞 朝刊P35 「太田川に津波堆積層」

北村晃寿 平成23917日 静岡新聞 朝刊P1 「静岡平野の大津波 41002700年前の間2回 24001100年前にも1回 静大・北村准教授ら堆積物分析で推定」

北村晃寿 平成23831日 静岡新聞 朝刊P21 「この人」

北村晃寿 平成23821日 日本経済新聞 朝刊P30 「巨大地震 各地に痕跡 太平洋岸 国の想定上回る」

北村晃寿 平成23720日 読売新聞 朝刊P33 「過去2回 静岡に大津波 海岸から1km以上内陸に到達」

北村晃寿 平成23715日 静岡新聞 朝刊P1 「数千年に一度の静岡平野に大津波」

 

研究費取得状況

研究代表者のみ 

学術振興会科学研究費

◎学術振興会科学研究費(基盤B) 2017-04-012020-03-31「南海トラフ東部におけるレベル1.5地震・津波の実態解明」 10,500(千円)

◎学術振興会科学研究費(基盤B) 2014-04-012017-03-31「南海トラフ東端における津波堆積物と地殻変動に関する研究」 11,200(千円)

◎学術振興会科学研究費(基盤C) 20102012 「洞窟性微小二枚貝の同位体比と微量元素分析に基づく生活史戦略の進化と気候変動の解明」 3,500(千円)

◎学術振興会科学研究費(基盤C) 20072008 「海底洞窟生微小二枚貝の酸素同位体比から探る過去7,000年間の黒潮の動態」 3,600(千円)

◎学術振興会科学研究費(基盤B) 20042006 「海底洞窟堆積物による後期完新世の古環境復元」 8,700(千円)

◎学術振興会科学研究費(基盤C) 20012003 1℃温暖化のインパクト:中世温暖期の日本北方海域の古環境解析」 3,700(千円)

◎文部省科学研究費(基盤B) 19961998  「氷期から間氷期への温暖化に伴う浅海環境と生物分布の変遷過程」 7,100(千円)

◎文部省科学研究費(奨励A)1995  「日本海第四系の高分解能層序学」 1,000(千円)

◎文部省科学研究費(奨励A)1994  「第四紀の浅海環境変動史の解明」  900(千円)

 

◎受託研究(焼津市) 2015 焼津市における津波堆積物調査3,000(千円)

◎平成25年度大学ネットワーク静岡 ゼミ学生地域貢献推進事業助成金 192(千円)

◎第20(平成24年度) 藤原ナチュラルヒストリー振興財団学術研究助成「静岡県静岡平野における津波堆積物調査」 650(千円)

◎第42(平成23年度) 三菱財団自然科学助成「沈水鍾乳石を用いた海水準変動の高精度復元」 2,500(千円)

◎日産科学振興財団研究助成 2001 「日本海第四紀の急速な温暖化に対する浅海底生動物の応答」 1,500(千円)

◎受託研究(石油公団)   1999 「微化石を用いた堆積シーケンスの認定方法」 1,806(千円)

◎実吉奨学会助成金    1999 「温暖化による日本海沿岸の海洋生物への影響」 600(千円)

◎静岡県学術教育(萌芽的) 1997  「地震発生周期決定のための水中噴砂堆積物」  450(千円)

◎静岡大学(若手研究奨励) 1996 「加賀平野を襲った白山活動に伴う大規模泥流」 500(千円)

◎深田研究助成      1994  「氷河性海水準変動に伴う海生生物群の変遷」  500(千円)

◎第29IGC関連研究助成金1993 「第四紀の浅海環境変動史の解明」 1,000(千円)

 

学会・社会活動等

日本古生物学会「化石」編集委員(1999年〜2000)

日本古生物学会将来計画委員(2005年〜2009)

日本第四紀学会「第四紀研究」編集委員(200110月〜20059)

日本第四紀学会論文賞選考委員(2010年度)

統合国際深海掘削計画(IODP)執行部委員(20074月〜20093月)

石川県山側幹線施工検討委員会・ワーキング会議(20014月〜20033)

石川県山側幹線施工検討委員会(20034月〜20063)

上越三和道路軟弱地盤対策技術検討委員会(20047月〜)

静岡県トンネル技術検討委員会(200611月〜20083)

静岡県富士城11号橋公募型プロポーザル詳細設計業務委託技術提案書審査委員会(20079月〜20086)

静岡県富士城11号橋技術審査委員会(20087月〜20093)

日本地質学会中部地方区代議員(2008年〜)

日本地球惑星科学連合代議員(2009年〜)

日本地球惑星科学連合環境災害対応委員会委員(20145月〜)

日本古生物学会評議員・常務委員 (20117月〜)

日本第四紀学会評議員(20118月〜)

Island Arc編集委員(2005年〜)

ふじのくに環境史ミュージアム整備アドバイザー (20158月〜)

伊豆半島ジオパーク推進協議会学術部会会員(20166月〜)

 

講演

2017

2017325日 地震津波シンポジウム「東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU」を主催.

主催:静岡大学防災総合センター,東北大学総合学術博物館

共催:ふじのくに地球環境史ミュージアム,静岡県危機管理部,高知大学海洋コア総合研究センター

協賛:海洋研究開発機構(JAMSTEC)

後援:地震・津波対策を考える都道府県議会議員連盟

「静岡県のレベル2と1,そして1.5の地震・津波」を講演.

201721日 ワークショップ「南海トラフ地震の予測に必要な観測・研究は何か」 研究講 演 静岡県におけるレベル1.5地震・津波の発生について(主催 静岡県立大学)

 

2016

927日 静岡市において「静岡県における東海地震(レベル1)および最大クラス(レベル2) 巨大地震・津波の研究」(主催 静岡市清水産業・情報プラザ)

730日 静岡市において「津波堆積物調査の方法と沖積平野における試料観察による堆積環境()の推定」(主催 静岡県地質調査業協会)

611日 ふじのくに地球環境史ミュージアムにおいて,シンポジウム:「地質記録から探る静岡  

県の低頻度大規模自然災害」主催:日本地質学会中部支部,共催:ふじのくに地球環境史ミュ 

ージアム,静岡大学防災総合センター,静岡大学地殻・マントル変動フォーラム 

「地質記録から探る静岡県の巨大津波・地震の記録」を講演.

 

2015

101日 焼津市において,焼津市防災講演会「焼津平野における津波堆積物調査」(焼津市主催)

321日 沼津市において,伊豆半島ジオパーク国際県民学術シンポジウム「ジオパークで広がる伊豆半島の可能性」,「静岡県中・東部で起きた過去数千年間の地震・津波」を講演.(静岡県,伊豆半島ジオパーク推進協議会主催)

 

2014

82日 静岡において,連続市民講座「静岡学事始め静岡の文化・風化の成り立ちを考える」(読売新聞・静岡大学主催)静岡県における過去数千年間の地震・津波の履歴

222日 静岡において,静岡大学公開講座「災害を知り、防災を考える」,「大地が伝える津波と地震の記憶〜静岡・伊豆の堆積物調査から〜」 

215日 浜松において,静岡大学公開講座「災害を知り、防災を考える」,「大地が伝える津波と地震の記憶〜静岡・伊豆の堆積物調査から〜」

 

2013

1117日,下田市において,静岡大学,大学ネットワーク静岡主催で共同公開講座「下田市と南伊豆町の大地に残された地震の記録」

928日,沼津において,静岡大学公開講座「災害を知り、防災を考える」,「大地が伝える津波と地震の記憶〜静岡・伊豆の堆積物調査から〜」

 

2012

719日 静岡において,静岡大学理学部サイエンスカフェ「静岡平野における津波堆積物の調査」

 

2011

1130日 静岡において,NPO地域マップ研究所主催,大震災に備える〜東日本大震災の教訓〜,「地質から読み取れる津波の痕跡」

1016日 静岡大学・国立大学協会 平成23年度 防災・日本再生シンポジウム「多角的な災害教訓から静岡の防災を考える」,「静岡県内における津波堆積物調査について」  

 

 

トップページに戻る。